マージンコールとロスカット

ロスカットとは証拠金額に対する評価損が一定水準を超えた場合に、それ以上の損失拡大を防ぐ目的でポジションを自動的に決済する仕組みです。ロスカットを警告するアラートをマージンコールといいます。

損失を広げないための措置

CFDはFX同様にギャンブルではなく、あくまで投資です。レバレッジにより元手以上の取引が可能ですが、無謀な投資をするためのものではありません。健全な取引環境を維持するための仕組みがロスカットです。ロスカットによって損失を証拠金内で収めることができ、多大な損失が発生することを防ぎます。

マージンコール

マージンコールは所謂警告です。損失額が証拠金の一定の割合を超えた時点で届きます。ロスカットはいきなりなるのではなく、数回(業者により異なります)のマージンコール後に発動します。マージンコールが発生した場合追証(追加で証拠金を入れること)をすることで対処することができます。

ロスカット

ロスカットは証拠金額に対して一定水準を下回ったときに強制決済をする仕組みです。ロスカット率は業者により異なります。例えば証拠金率20%を下回った場合にロスカットとなるとします。証拠金10万円で100万円分買った場合評価損が出て92万円より低くなると証拠金率が20%を下回るのでロスカットになります。


ロスカットにならないために

ロスカットは証拠金不足で起こります。そのため充分資金を用意することで回避することができます。また無理な取引をせずに損切りをすることも重要です。

逆指値を利用する

逆指値注文は指定の金額まで下がったら売り、もしくは指定の金額まで上がったら売りとする注文です。注文と一緒に逆指値も行うことで必要以上に損失を防ぐことができます。

損切り

損切りは必要以上に損失を広げないためにあえて損を確定させることです。負けない取引を行うためには大切です。投資は個別の取引では損失が出たとしてもトータルで負けないことが重要です。投資は100%勝ち続けることはありません。負け方が重要で損失が出たたときにいつまでもポジションを持ち続けないでようにしてください。この思い切りの良さが最終的には利益に繋がります。


損失を防ぐには複数口座に分散することです

GMOクリック証券
GMOクリック証券
手数料が無料。少額から取引可能。取扱銘柄は厳選30銘柄。スプレッドも業界最小水準です。
GMOクリック証券
SBI証券
SBI証券
日本最大のネット証券会社であるSBI証券のCFD取引。オリコン顧客満足度ランキング4年連続総合1位の実績。
SBI証券