CFDとは?

CFDとは株式、株価指数をはじめ様々な商品を効率よく運用できる今話題の金融商品です。CFDなら投資が初めての方でも、少ない資金から大きな収益を期待できます。CFDとはContract For Differenceの頭文字をとった略語です。取引は証券会社に口座を開設して行います。

世界中のマーケットにアクセス可能

CFD取引の発祥の地はイギリスです。実際総取引の約3割がCFD取引といわれるくらい浸透しています。1990年代になるとヨーロッパ各地にも広がり、近年ではオーストラリアでも活発になっています。CFDは証券会社の口座をひとつ持っていると世界中の株式、ETF、株価指数、株価指数先物、債券、商品先物、為替など、あらゆるマーケットを対象とした相対取引が可能な金融商品です。

FXよりも取引範囲が広い

CFDとは簡単にいうとFXの何でも版です。FXもCFDの中のひとつの金融商品といえます。CFDは世界の株価指数や個別銘柄、金や原油などの商品、債券や恐怖指数といわれるVIX指数(マーケットボラティリティインデックス)などの指数にまで、様々なものを対象に投資をすることができます。もちろんFX同様に実際に購入するのではなく証拠金を担保に行う相対取引です。

FX業者の中にはCFD取引を扱っているところもあります。この場合ひとつの証券会社の取引画面でどちらも取引ができるなど利便性が高いです。


CFDとは|特徴

上記以外にもCFDの特徴として以下のものがあります。

証拠金取引である

CFDとはFX同様に証拠金を用意してそれを担保に取引をする金融商品です。通常100万円の株式を購入するには100万円が必要です。しかしCFDの場合レバレッジを効かせることで少ない元手で大きな取引をすることができます。例えばレバレッジを10倍効かせれば100万円分の株式を購入するのに10万円を証拠金として証券会社に預けるだけでいいのです。この取引効率の良さがCFDの魅力のひとつです。

レバレッジで効率よく取引可能

「レバレッジ」とは、「てこの原理」のことを意味します。レバレッジを効かせることで元手よりも大きな金額を売買することができます。この点はFXと同じになります。

売りからも始められる

CFDとは、通常の取引とは異なり売りから始めることもできます。これは高い値段で売り、安い値段で買うことも可能なので、下げ相場でも利益を得ることができます。この点は他の投資にはない金融の魅力です。

24時間取引可能

CFDとは主要な株価指数や貴金属、原油などが24時間取引可能です。そのため昼間は働いて夜中は投資するといったスタイルも可能です。自分のライフスタイルに合わせて取引ができる金融商品です。

金利を受け取ることができる

CFDには、FXでいうところのスワップポイントに該当するファンディングコストという金利があります。株式CFDと指数CFDではポジションを持ち越すと買いで支払い、売りで受取りと費用が発生します。

配当金も受け取れる

配当金は株式CFDと指数CFDで発生します。ファンディングコスト同様に毎日発生します。ファンディングコストとは逆に買いで受取り、売りで支払いが生じます。ただし議決権や株主優待など株主としての権利は発生しません。


おすすめCFD業者

楽天証券
楽天証券
楽天証券のCFD取引。取引手数料は0円、レバレッジ最大10倍。株式CFDをはじめ取扱商品多数。
楽天証券
ドットコモディティ
ドットコモディティ
ドットコモCFD取引の取引手数料は何ロットの取引でも0円です。商品CFDに特化した取引が特徴。
ドットコモディティ