商品CFDとは

商品CFDは、原油や天然ガス、CO2排出量などのエネルギー、金や銀など貴金属CFDなどをはじめ、商品先物など多彩な銘柄が取引対象となります。

限月CFD

限月CFDとは限月ごとに取引最終日が設定されており、取引最終日を越えたポジションは自動的に最終清算される取引です。株価指数や債券などの先物が限月になります。

金利

商品CFDでは発生いたしません。

配当

商品CFDでは発生いたしません。


手数料

商品CFDにかかる手数料としては以下のものがあります。

スプレッド

商品CFDではスプレッドが発生します。スプレッドは銘柄により異なります。

為替コスト

海外の銘柄を取引する場合は為替コスト(両替手数料)が発生します。


取引単位

取引単位は各市場の単位株(銘柄ごとに決められている最低売買単位)になっていますが、ポジション決済時は、この限りではありません。また、銘柄ごとに最高保有ポジション数が設定されています。

取扱銘柄

CFD業者により異なりますが、非常に銘柄数が多いです。エネルギーや貴金属、農産物などあらやるものが対象となります。

取引時間

取引時間は対象となる銘柄が所属している証券取引所の取引時間に同一となります。海外の取引所の場合夏時間があるものもございます。また休場日もあります。


商品CFDにおすすめのCFD業者

SBI証券
SBI証券
日本最大のネット証券会社であるSBI証券のCFD取引。オリコン顧客満足度ランキング4年連続総合1位の実績。
SBI証券
ドットコモディティ
ドットコモディティ
ドットコモCFD取引の取引手数料は何ロットの取引でも0円です。商品CFDに特化した取引が特徴。
ドットコモディティ